NPO法人 日本アレルギー友の会

もっと良くなるための治療最前線
喘息・アトピー性皮膚炎講演会とQ&A<終了しました>

2012年3月31日

 自分の治療を見直して、もっと良くなりましょう

良くなったり悪くなったりを繰り返す、喘息やアトピー性皮膚炎の症状。毎日いろいろなことに気をつけたり、治療をきちんとしているのに悪化してくるとがっかりしますよね。

 そのようなときには、講演会に来てみましょう。自分が「当たり前」と思っていた薬の使い方が実は違っていたり、「こんな使い方があったのか」というような新たな発見もあると思います。「そんな使い方があったのか」というような新たな発見もあると思い

今回もアトピー性皮膚炎・喘息治療の最前線で活躍する先生を講師としてお迎えしました。医療も日々進化しています。いまの自分の受けている治療は適切なのか、もっと良い治療があるのではないか。現在の治療を見直し、もっと良くなるために是非この講演をお聴きください。 

来場者の方に敏感肌用スキンケア用品のサンプルや治療情報冊子を差し上げます!その他アレルギー対策用品などの展示もあります。

 

日時:2012年5月27日(日)12:30~16:00 12:00開場 

場所:東医健保会館ホール(東京都新宿区南元町4)
※JR信濃町駅より徒歩5分
主催:NPO法人 日本アレルギー友の会
後援:公益財団法人 日本アレルギー協会
※入場無料[参加申し込み]

熱心に聴く来場者.JPG    前回講演会より


大きな地図で見る

第1部

講演1 アトピー性皮膚炎講演

アトピー性皮膚炎の治療 ―皮膚と心を考える―

東京女子医科大学附属女性生涯健康センター 副所長・教授(皮膚科兼務)  檜垣祐子先生

アトピー性皮膚炎、特に成人の場合は心理面が皮膚に影響を及ぼすことが知られています。檜垣先生は皮膚科心身医学がご専門の日本でも有名な先生です。心のコントロールをどのようにしていけば皮膚が良くなるのか、大変興味深いご講演をいただきます。

講演2 気管支喘息講演

気管支喘息治療の最前線 ―吸入ステロイド・長時間作用性気管支拡張薬配合剤や抗IgE抗体療法を中心に-

帝京大学医学部呼吸器・アレルギー内科  教授 山口正雄先生 

喘息の治療薬は充実し、さまざまな吸入ステロイド薬を使って治療することができるようになりました。そのステロイド吸入薬を上手に使うことでもっと良くなる方が多くなると思います。自分に合う薬は何なのか、情報を得るためにも是非お聴きください。  

講演3 ベテラン患者からのアドバイス

―忘れがちな日々のケアの大切さ―

ぜんそく部門相談員 坂本直美・アトピー性皮膚炎部門相談員 丸山恵理

毎日症状を認識して薬を飲んだり、塗ったりしていると、自分のやり方があたりまえだと思いがちです。本当に薬の効果を発揮できるような使い方をしているのか、チェックしてみませんか。実際に自分自身が薬を使っているベテラン患者ならではのポイントをお教えします。 

第2部 先生を囲んでQ&A

ぜんそく・アトピー性皮膚炎のグループに分かれて、講師を囲んでのQ&Aを行います。ご自身の不安や悩みを専門医に直接質問することができ、セカンドオピニオンを受ける絶好のチャンスです、時間もたっぷり1時間程度とってありますので、 多くの方のご質問をお待ちしております。

<Q&A司会>

喘息グループ 関東中央病院呼吸器内科部長・当会常任顧問 坂本芳雄先生

アトピー性皮膚炎グループ 東京逓信病院皮膚科部長・当会常任顧問 江藤隆史先生

 

当イベントへのお申し込みは、当会の事務所まで、電話・FAXまたはメールにてお申し込み下さい。
NPO法人 日本アレルギー友の会

TEL: 03-3634-0865
祝祭日を除く毎週火・土曜日(5/21~26は毎日) 11:00~16:00
FAX: 03-3634-0850
Email: j-allergy@nifty.com